【WordPress】画像が圧縮され過ぎて色が抜ける問題について

劣化した画像 IT関連

先日、SQL文の初心者向け記事を書きました。

【イラストで分かる】初心者が知っておくべきSQL文を学ぼう!
SQL文の基本をイラストで解説してみました。 なんでもイメージすることが大切です!

こちらの記事は、十数枚のイラストを描き、質の高くしようと努めた記事です。

しかし、色が抜けて落ちてしまうという問題が起きてしまいました。

以下のような事象です。
※画像の内容は全く異なりますが、あくまで色味です。

元の画像

テーブル一覧を表示

圧縮後の画像

テーブルを作成

こちらの原因について、今回は掘り下げていきます。

結論としては、まだ解決していません。
PNG形式でアップロードしていたことが原因のようです。

こちらの記事で、対策方法を紹介しています。

【Mojave版】アプリを使わず、MacだけでJPG形式に変換する方法
画像変換のアプリケーションを使用せずに、Mac標準の機能で画像変換することができます! その方法をスクショで分かりやすく紹介していますよ。
ジョージ・眉間シワ男
ジョージ・眉間シワ男

ゲームボーイみたいな感じになるのなんなん。
ある意味レアやけども。

原因その①:Wordpress の画像圧縮機能

どうやらWordpressには、画像を自動で圧縮する機能が備わっているようです。

この仕様がいつからなのかは不明ですが、長年改修がない機能のようです。

昔はコンピュータの性能にも限りがあったので、パフォーマンスを良くするための施策だと考えられます。

僕

それにしても、圧縮率90%は流石にやり過ぎやろ……。

しかし、この圧縮機能が起因して画像の色抜けが起きているとは考えにくいです。

いくら画像が劣化しても、前のような色が抜け、ゲームボーイみたいな色質には流石にならないかと。

原因その②:プラグイン

「JetPack」というプラグインの設定を変更することで、圧縮させないようにすることができたという記事を見かけました。

しかし、私のWordpressにはJetPackというプラグインは導入しておりませんでした。

画像に関するプラグインも導入していなかったため、試しようがないという結論に。。。

対策

私が試した対策は、2つあります。

対策その①:色味を増やしたイラストを描く

  • 添付しようとした画像以外の画像は、通常の色味で貼り付けることができた。
  • 添付しようとした画像は、オレンジ、赤などの暖色の割合が多かった。

これらのことから、色味を増やして書けば良いのではと考え、他の画像同様に青色、黄色を増やして描いてみました。
……が、解決せず。

対策その②:functions.phpにコードを追加する

調べたところ、この対策が一番メジャーな方法のようです。

/wp-contents/themes/自分のテーマ/配下にあるファイル(のはず)です。

この1行をどこかに追加すれば良いようです。
注意点としては、このコードを追加した後に貼り付ける画像から適用されるということです。

戻り値にしている100が「非」圧縮率を表しています。
「100」だと圧縮しない、「0」に近いほど圧縮するということですね。

10年前の記事ですが、とても分かりやすくまとまっていました。
実際にどのくらい圧縮されるのか体験もできます。

しかし私の場合は、これでも解決しませんでした。

まとめ

単純に、圧縮率の問題じゃない気がします。

次にやるべきこととしては、

  • 全プラグインを停止した状態で対策を試す。
  • functions.phpの設定を変更して繰り返し確認する。
  • WordPress次期アップデートを待つ。
  • 画像の配置先(恐らく/wordpress/uploads/)の画像を確認

これらのことが挙げられるかと考えました。


こちらの記事で、アプリを使わずMacのみでPNG画像をJPG画像に変換する方法を紹介しています。(2020/05/17追記)

【Mojave版】アプリを使わず、MacだけでJPG形式に変換する方法
画像変換のアプリケーションを使用せずに、Mac標準の機能で画像変換することができます! その方法をスクショで分かりやすく紹介していますよ。

参考

functions.phpについて(英語記事)

画像の圧縮とファイル構造について(英語記事)

画像圧縮のコードについて(英語記事)

WordPressでの画像の保存のされかた

JetPackに関する対応策

タイトルとURLをコピーしました