【Mojave版】アプリを使わず、MacだけでJPG形式に変換する方法

ファイル変換している様子 IT関連

こちらの記事で、Wordpressにアップロードした画像が劣化することを挙げました。

【Wordpress】画像が圧縮され過ぎて色が抜ける問題について
Wordpress標準の画像圧縮による劣化の原因・対策を調べてみました!

原因として考えられることは、おそらくPNG形式の画像でアップロードしていたことが考えられます。

今回は、JPG画像に変換する方法を紹介します。

僕

正直、この方法が一番楽でいいかも!

【予備知識】PNG画像って、何であるの

スクリーンショットを撮った時、iPadで書いたイラストをPCに転送した時など、一般的にPNG画像になっています。

このPNGという画像形式は、色の制限を解消した比較的新しい規格で、綺麗な画像を実現します。

が、肉眼で識別できないような色の情報も保持しているため、容量が大きくなりやすいのが短所です。

また、透過にも対応しており、アプリのボタン画像などにも使用されます。

【予備知識】フォルダアクションとは

Macには、「フォルダアクション」という便利な機能があります。

僕

意外と知られていない機能です!

簡単にいうと、フォルダに機能を持たせることができるMac標準の機能です。

MacのみでJPG形式に変換する手順

それでは前置きはこのくらいにして、早速見ていきましょう!

手順① フォルダの作成

デスクトップ画面のどこでもいいので、右クリックをします。

新しいフォルダの作成

「新規フォルダ」をクリック

新規フォルダの作成完了

今回は「png-to-jpg」にしました。
任意のフォルダ名を付けてください。

フォルダ名の変更

手順② フォルダアクションの設定

先ほどのフォルダを右クリックして、「フォルダアクション設定」を選択してください。

フォルダアクションを開く

確認のダイアログが出るので、「サービスを実行」を選んでください。

フォルダアクションの確認ダイアログ

フォルダアクション設定のダイアログが新しく出てきます。
「Image – Duplicate as JPEG.scpt」を選択します。

フォルダアクションの設定

手順③ 実際にファイルを変換する

当記事で使っている画像を実際に変換してみます。
PNG画像になっていますね。

画像の情報を確認

この画像を先ほどフォルダアクションを設定したフォルダの中に、ドラッグ&ドロップで入れます。

フォルダアクションの中に入れる

すると……

フォルダアクションの中に入れた後

中身はご自身で確認してみてください!

オリジナル画像を保持したまま、JPG形式の画像も生成しているようですね。

僕

これで以上です!

タイトルとURLをコピーしました