【2021年最新版】Androidアプリのストア公開手順まとめ

Androidアプリリリース手順まとめ Android開発

アプリを開発したけど、どうやってリリースするのかイマイチ分かってない……。

業務でリリース作業を任されたけど、出来るか不安……。

そんな方に向けて、2020年11月にリニューアルした GooglePlayConsole の使い方を解説します!

私も自信がなかったので、備忘録としてまとめました。

お役に立てると嬉しいです!💪

前提

  • GooglePlayConsole がストア公開するための管理画面であることを理解していること
  • GooglePlayConsole にログインしていること
  • GooglePlayDeveloper プログラムの登録・支払済みであること

注意点

1つの記事で手順をまとめてみたら、1万文字を超えてしまいました。

というわけで、複数の記事に分けております

あくまでこちらの記事は、公開までの手順をまとめた記事です。

予めご承知おきください。

アプリ公開までの手順を確認

まずは、Androidアプリをストアに公開するまでの手順を確認しておきましょう!

  • GooglePlayConsole にアプリを作成(登録)する
  • 登録したアプリの詳細な情報を設定する
  • 署名付きアプリ(バイナリ)を作成する
  • GooglePlayConsole に作成したアプリをアップロードする
  • アプリをテストする(任意)
  • テストしたアプリを製品版としてリリース(ストアに公開)する

以上の6つの手順が必要になります。

GooglePlayストアにアプリを作成(登録)する

アプリケーションを公開するために GooglePlayConcole に登録する必要があります。

登録する情報としては、アプリ名はもちろん、言語や有料アプリかどうか、ゲームアプリかどうかなどを設定します。

ここでは、アプリの基本情報を登録していきます。

【画像で解説】GooglePlayConsole にアプリを作成(登録)する方法
GooglePlayConsole にアプリを作成・登録する方法を画像で細かく解説しています! Androidアプリの公開に向けてここから始めましょう。

登録したアプリの詳細な情報を設定する

アプリの情報を具体的に登録していく「アプリのセットアップ」という工程です。

  • アプリの掲載情報(アプリ説明文、画像など)
  • 広告があるか
  • コンテンツのレーティング
  • ターゲットユーザーはどの層か
  • ニュースアプリかどうか
  • アプリのカテゴリを選択

このほかにも設定する項目があります。

個人的には、この工程が一番時間がかかると思っています。

【画像で解説】GooglePlayConsole でアプリの情報を設定する手順を解説
GooglePlayConsoleで「アプリの情報」を設定する手順を詳しく解説しています! ユーザーが最初に目にするストアの掲載情報は特に重要です。 フィーチャーグラフィックなどについても解説しています。

署名付きアプリ(バイナリ)を作成する

アプリをリリースするなら、この工程は終わっているかもしれませんが、念のためご紹介します。

ストアに公開するには一般的に「ProductRelease」というフレーバでビルドします。

要するに、本番用のアプリケーションを作らないといけないわけですね。

そこで署名という行為が必要になります。

自分が作ったアプリを、自由に誰でも更新できてしまうと、大変なことになりますよね。

自分が作ったアプリは、自分しかアップデートできないようにするため「署名(サイン)」をします。

【画像で解説】Androidの署名付きアプリを作成する方法(Generate Signed Bundle)
Androidアプリを公開する際に必要な、署名の方法を画像で詳しく解説しています! AndroidStudioの持つ「Generate Signed Bundle」という機能を使っていきます。

GooglePlayConsole に作成したアプリをアップロードする

ここは簡単です。

リリーストラックを作成して、そこにアプリケーションをアップロードします。

リリーストラックへは、ドラッグ&ドロップするだけです。

リリーストラックとは
「1.0.0」や「2.0.1」などのリリースごとに作成する個別のバージョンのことです。箱をイメージしていただけると良いです。

アプリをテストする(任意)

アプリの準備をして、公開情報の設定もできた。

あとはテストです!

アップロードしたアプリをテストすることができます。

つまり、「これからストアに公開する本番アプリをそのままテストできる」ことで信頼性を確保できます。

公開する前のアプリでテストして問題がなければ、公開後も問題なく動作するはずです。

【画像で解説】GooglePlayConsole でアプリの内部テストを行う方法
GooglePlayConsole を使って、アプリの内部テストを行う方法を紹介しています! オープンテストやクローズドテストについても解説しています。

テストしたアプリを製品版としてリリース(ストアに公開)する

そして最後にストア公開作業を行います!

こうしてAndroidアプリは世界に発信されます。

【画像で解説】Androidアプリをプロモートして製品版を公開する方法
GooglePlayConsole でアプリをプロモート(昇格)し、製品版としてストア公開する方法を解説しています! 起きる可能性のあるエラーについても対処法をご紹介しています。

まとめ

最後にもう一度、Androidアプリの公開手順をおさらいしておきましょう!

以上の6つの手順が大まかな流れです。

不明点、指摘点などございましたら、お気軽に「お問い合わせ」からご連絡ください🙇‍♂️

良いAndroid開発ライフを!👋

タイトルとURLをコピーしました