【株で重要な指標】ROEとROAの違いとは。

スポンサーリンク
紙に書く男性 株式投資
この記事は約2分で読めます。

ROEとROAの違いに戸惑う人が多いようです。
どちらとも、会社に投資された資金に対してどれだけの収益を上げられたかを測る指標であることは確かです。
その中でも、どのような違いがあるのかを当記事で、きちんと理解していきましょう。

スポンサーリンク

ROEとROAのおさらい

ROEとROAをおさらいしていきましょう!

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【株で重要な指標】ROA(Return On Assets)とは
株式投資する際、企業分析に用いる重要な指標である「ROA」についてまとめました。
【株で重要な指標】ROE(Return On Equity)について
株式投資する際、企業分析に用いる重要な指標である「ROE」についてまとめました。

ROE(Return On Equity)とは、株主資本(自己資産)に対する利益率を表す指標のことです。
投資家目線でいうと 「出資した資金でどれだけの利益を上げることができたのか」を表している財務指標です。

ROA(Return On Assets)とは、総資産に対する利益率を表す指標のことです。
総資産とは、投資家から出資してもらった資本金、銀行などから借り入れた負債なども全て含めた資本のことです。
その総資産でどれだけ効率的に利益を生み出せたのかを測るための指標です。

2種類の「資本」について

企業が持つ資産には2種類あります。

  • 株主が出資した自己資本(純資産-新株予約権-少数株主持分)
  • 借入金、社債などから受け取った他人資本

会社の立場になって想像してみてください。
前者の自己資本は、株式を売って得た資金です。つまり、出資者から受け取った資金ですね。
後者の他人資本は、借り入れたりしてるため、返済する必要がある。つまり、自社が保有しない資金です。

ROEとROAの違い

したがって、ROEとROAの違いは以下のようになります。

  • ROEは自分で保有している資金だけに絞って、どれだけの利益が上がっているのかを見るための指標
  • ROAは他人資本なども含めた資産に対して、どれだけの利益が上がっているのかをみるための指標

どちらを重視したら良い?

ROEとROAの違いは理解できたでしょうか。
では、どちらを重視したら良いか、悩みますよね。

結論から言うと、投資家視点で言えば、ROEを重視すべきです。
会社が自分の持分(自己資本)だけでどれだけの儲けがあるのかを示すと言うことは、株主にとっての利回りを表していることになります。

逆にROAは、借入金などを含めた資金の収益性を測る指標なので、会社側の経営陣が重要視すべき指標となります。


この他にも、企業分析に用いる指標を一覧にまとめていますので、ぜひ参考になさってください!

【株式投資】企業分析に用いる指標まとめ
株式投資で重要な企業分析。その企業が安定しているのか判断材料を得るために用いる分析指標をまとめました!
タイトルとURLをコピーしました