生産性を向上させるための『5時間ルール』とは

高層ビルで仕事をする男性 自己啓発

このような漠然とした悩みを抱いたことはないでしょうか。

とある会社員
とある会社員

生産性が低いと叱られたけど……

何をしたらいんだ……

とある会社員
とある会社員

自己成長できる時間の使い方ができているのだろうか……

そんな生産性を向上させる「5時間ルール」という法則をご紹介します!

5時間ルール

時計

マイケルシモンズが提唱する、最も効果的な学習方法の一つと言われています。

このルールは、ビルゲイツ、マークザッカーバーグ、イーロンマスクなどの著名人の習慣を特徴でまとめたルールです。

普段過ごしている何気ない時間を、計画的な学びの時間に変えるために必要なことです。

ステップは3つあります。

  1. 読書
  2. 熟考
  3. 実験

これらを最低1日1時間、週に5時間を費やすことで自己成長へと導く鍵となります。

読書

読書をする少女

ビジネスや多くの功績を残した成功者の共通点はなんだと思いますか?

それは「読書家である」ことと言われています。

最低でも2週間に1冊、人はによっては1日に2冊読むことも。
1日最低1時間を目標に読書すると良いと言われています。

通勤時間、休憩時間、就寝前などを有効活用すると意外といけるかもしれません。

ただ、私と同じような状態でも気を落とす必要はありません。
少しずつ自分のペースで読み進めていけばいいんです。

初めは15分だけ読むと決めて、徐々に時間を長くしたり、読み終える予定日を決めておくと良いでしょう。

アメリカの政治家(第33代大統領)ハリートルーマンはこう言いました。
「読書家になれば必ずリーダーになれるわけではないが、全てのリーダーは読書家だ」と。

熟考

考え込む女性

読んだことを吸収し、どのように仕事や人生に役立てられるかを分析する。
そして他人に質問したりして考えを更に深めていく事が重要です。

LinkedInのCEOジェフウィナーは、毎日2時間をその日の活動について振り返るために費やすそうです。

自分の1週間を振り返り、新しい視点で仕事やプライベートについて考える時間を積極的に設けて見るのはどうでしょうか。

もっと効率的にできるか、何を学び、何を失敗したのか、自分の成長につながることを考えましょう。

私は、毎晩3行日記をつけて1日の振り返りを行なっています。

実験

意気込んでいる男性の背中

新しい方法が発見できたら、自分に合っているか実際に試してみる事が大切です。

これまでのアイディアに囚われない、新しいアイディアで自分だけの改善策を見出していきましょう!

誰かに追随するか?自分だけの道を突き進むか?
それを選択し、実行に移すのも勇気が必要です。

実験でもあり、挑戦でもあります。

継続するために

3つのステップを継続的に実施するには、以下の3つを留めておく事が重要です。

  1. 本当に忙しくても、読書し学ぶための時間を設けること
  2. 気を散らすことなく、見つけた時間を学習のために使い続けること
  3. 1時間の学習から10倍の効果を得ること

無理なく、自分のペースで成長してきましょう。

僕

勢い任せに突っ走ってしまうと、
意気消沈しかねません。


もっと生産性を向上させたいあなたに

生産性を向上させるための7つのレシピ
お仕事や勉強の生産性・効率を上げるためのレシピを7つご紹介。

参考

5-Hour Rule: If you’re not spending 5 hours per week learning, you’re being irresponsible
“In my whole life, I have known no wise people (over a broad subject matter area) who didn’t read all the time — none. Zero.” — Charlie…
タイトルとURLをコピーしました