【Webアプリ製作入門⑥】DBを操作してみよう!

XAMPPのDBを操作してみよう IT関連

XAMPPのセキュリティの設定を行なってきました。

今回は実際に、DBを操作してみようと思います!

コマンドで実行するので、慣れないかもしれませんが、頑張っていきましょう!💪

DBを操作する手段は、2つ


主にDBを操作する方法は、以下の2つがあります。

  • phpMyAdmin
    • GUIなので、直感的に操作できるため、初心者でもすぐ使える
  • コマンドプロンプト
    • CUIのため、キーボードから文字(コマンド)を入力し、操作する

==========【個人的補足】 START
※Shellからやればすぐに MariaDBを実行できますが、コマンドプロンプトからは実行できません。
理由としては、環境変数を事前に変更していないからです。
やり方としては、環境変数の変更画面にて、「Path」にmysql.exeが保存されている「C:\xampp\mysql\bin」を追加する必要があります。
これが難しい方は、「C:\xampp\mysql\bin」内にあるmysql.exeを実行しましょう。

ターミナルについて

– コマンドプロンプト
– コマンドプロンプトの「プロンプト」は「入力を促すもの」を意味し、コマンドを入力可能な状態である場合にプロンプトを表示する。
– シェルが表示するコマンド入力用のプロンプトを「コマンドプロンプト」という。
– シェル
– ユーザからのコマンド入力を受け取りコマンドを実行するためのプログラム
– コマンドをテキストファイルとして保存し、それを実行させることも可能。テキストに書かれたコマンドたちを「シェルスクリプト」と呼ぶ。
– bash, tsch, ksh, zsh など色んな種類のシェルがある。

​==========【個人的補足】 END


今回は Shell で DB を作成し、phpMyAdmin で確認をしていきます!

下準備

Shellの起動

XAMPPのControlPanelで、右側にある「Shell」というボタンを押下します。

すると、以下のようなウィンドウが開きます。

これでオッケー!👍

MariaDBにログインする

前回の記事で作成した一般ユーザでログインします。

mysql -u yamada -p

yamadaの部分は、適宜ユーザ名に置き換えてください。

DBを実際に操作してみよう!

現在のDBを確認する

show databases;
​​

新規でDBを作成する

create database <db_name>;

すでにある名前のDBは、作成できません。

このように、Query OKと表示されていれば問題なく実行されています。

DBを選択する

use database_name


DBを選択した状態じゃないと、基本操作ができないので注意しましょう。

次の操作ができなくなるので、必ず行ってください!

新規でテーブルを作成する


create table table_name(カラム名(項目名) データ型, ・・・)


テーブルを確認する


show tables


3つのカラムがあるテーブルが作成されています。

phpMyAdminを使えば、よりグラフィカルな画面で見やすいです。


ーーーーーーここまでの参考文献ーーーーーー【PHP/XAMPP】MySQLでデータベースを作成する方法

【補足】DBを削除する

データベースを削除する(DROP DATABASE文)
DROP DATABASE 文を使って作成済のデータベースを削除する方法について解説します。
タイトルとURLをコピーしました