【図解でわかるAWS】Amazon Web Servicesの登録手順

AWSのロゴ AWS
ジョージ・眉間シワ男
ジョージ・眉間シワ男

AWS始めたいけど、登録の仕方が分からんのよ……

スクショを撮ったので、それで「丁寧」に解説してきますよ!

注意点

AWS(Amazon Web Services)は、ご存知の通りAmazonが運営するクラウドサービスです。

海外に拠点を置く会社のため、入力する内容は全て半角英数文字となります。

僕

ご注意ください!

AWSの登録ページを開く

以下のURLから登録が可能です。

AWS Console - Signup

すると下の画像のような画面が開きます。

AWS会員登録_登録情報入力ページ

入力項目

アカウント登録に慣れている人は、すぐに終わると思います。

登録に使うメールアドレス、パスワードを入力します。

パスワードは普段使うものを避けて、強固なパスワードを設定しましょう!

僕

「AWSアカウント名」は、後からでも変更可能ですよ!

複数人でAWSを構築するプロジェクトなどで、個人を識別するためのアカウント名です。

組織によってそれぞれですが、「会社名_taro_yamada」のような命名規則が定められている場合もあります。

「続行」ボタンを押下します。

連絡先情報を入力

入力項目を確認しましょう。

AWS会員登録_連絡先情報

  • アカウントの種類
  • フルネーム
  • 会社名
  • 電話番号
  • 国/地域
  • アドレス
  • 市区町村
  • 都道府県または地域
  • 郵便番号

一番上にある「アカウントの種類」ですが、下記で切り替えます。

  • 会社やプロジェクトで使用するアカウント→プロフェッショナル
  • 上記以外の場合→パーソナル
とある会社員
とある会社員

ちなみに、パーソナルは訳すると「個人」という意味だね。

趣味などでやる場合は「パーソナル」を選択しましょう。

僕

「パーソナル」を選ぶと、会社名の入力が非表示になりますね。

注意点として、フルネームには「あなたの本名」を半角英文字で入力しましょう。

【補足】住所とかって、どう入力するの?

アルファベットで入力するとなると、若干悩みますよね。

ジョージ・眉間シワ男
ジョージ・眉間シワ男

入力欄も通常の住所と逆の配置になっているので注意してな!

私が入力した例を以下に記します。

  • アドレス
    • 501(部屋番号)
    • 1-1-1 Tatoeba(番地 建物名)
  • 市区町村
    • Shibuyaku Shibuya
  • 都道府県または地域
    • Tokyo
  • 郵便番号
    • 1002000

入力できたら、「アカウントを作成して続行」を押下します。

僕

チェックも忘れずに!

支払情報

説明文にもありますが、AWSの無料利用枠を超えた場合、その超えた分の利用料を請求されます。

ですので、あらかじめ支払い情報を登録しておくわけですね。

「検証して追加する」を押して、正しいカード情報か確認します。

AWS会員登録_支払い情報

本人確認

カード情報に問題がなければ、次に本人確認です。

電話番号、セキュリティチェック文字列を入力し、「SMSを送信する」を押下します。

※音声電話を選択した場合は、「お問い合わせください」というボタンに切り替わります。

ダイアログが表示されます。

AWS会員登録_認証コード入力

届いた認証コードを入力し「コードの検証」を押下します。

やった!

AWS会員登録_本人確認の完了

これで完了です。

「続行」を押しましょう。

サポートプランの選択

AWS会員登録_サポートプランの選択

最後に、プランの選択をします。

もちろん私は無料のベーシックプラン!!!!!

AWS会員登録_ベーシックプラン

そして、「無料」ボタンを押しますと……。

AWS会員登録_歓迎される

AWSに歓迎されました!

やったー!

まとめ

これでAWSへの入り口を一歩踏み出しました。

もし登録手順で行き詰まったところがあったら、AWS公式の登録手順も参照してくださいね。

AWS アカウント作成の流れ | AWS
日本のお客様に AWS アカウント作成の手順とポイントをステップバイステップでご紹介します。

お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました