「小岩井」って何? よく見る「小岩井」の発祥や名前のルーツに迫る!

農場にいる牛たち 雑記

乳製品から果汁ジュースまで幅広く見かける「小岩井」の文字。

僕

あれ、でも小岩井って実際何?
地名?人の苗字?

今回はこの「小岩井」というブランドについて迫ります!

小岩井ブランドの発祥

小岩井というブランドの発祥は、「小岩井農場」という岩手県盛岡市にある農場が元となっています。

盛岡市は現在「中核市」に指定されている栄えている街です。
しかし、一昔前はそんな街ではありませんでした。

中核市
法定人口20万人以上という基準を満たし、政令による指定を受けた市町村区のことです。

小岩井農場の発祥

発起人ときっかけ

拳を突き上げる画像

1888年(明治21年)6月12日のことです。

日本鉄道の父と呼ばれた鉄道庁長官 井上勝(いのうえ・まさる)が、盛岡市の山々を麓で眺めていました。

木もまばらで荒れ尽きた不毛大地を見て、「ここに大農場を拓こう」と誓ったそうです。

というのも、盛岡市に訪れたのは東北本線の延伸工事視察のためでした。

鉄道庁長官ということもあり、多くの田畑を潰してきたという後悔の念があったそうです。

荒れた広大な大地があるのなら開拓して、せめて自分の力で埋め合わせをしたい。

その思いから大農場を拓くと決意したそうです。

賛同者と誕生

握手する2人

大農場の開拓を決意した井上は、三菱財閥の顧問をしていた小野義眞(おの・ぎしん)にその夢を打ち明けました。

小野義眞はスゴイ
小野義眞は三菱財閥の顧問だけあり、初代総帥 岩崎弥太郎にとって重要な人物でした。
岩崎弥太郎が重大事案の判断を下す際、必ず小野の意見を聞いてから決断していたそうです。

小野は「あ、こいつやべぇ」と感じ取り、当時の三菱財閥2代目社長 岩崎弥之助(いわさき・やのすけ)に紹介をしました。

その思いを聞いた岩崎は感銘を受け、出資を決意。

そして井上が決意してから3年経った、1891年(明治24年)1月1日。

井上が場主となり、小岩井農場が開設されました。

お気づきだと思いますが、「小岩井」という名前は「小野・岩崎・井上」3人の名字の頭文字から取っていたんです……!

いま販売されているのはキリンだけど?

キリン

そう、蓋の頭に書いてあるのは「KIRIN」の文字。

実は現在、小岩井農場の筆頭株主としてキリンが買収しているんです。

なので、これまで小岩井農場が培った開発技術などを用いてキリンが販売・製造しているわけなんですね。

まとめ

上司
上司

やっぱり、お金持ってる人は頭もいいし

夢も実現しやすいんやなぁ。

僕

頑張ってお金稼ぎましょう!

(小岩井ブドウジュースごくごく)

タイトルとURLをコピーしました