【かんたん】IPAファイルのインストール方法

iOS開発

業務で IPA ファイルを、端末にインストールする機会がありました。

その時、どうやってインストールするのか調べてみたところ様々な方法が見つかり戸惑いました。

社内の先輩に聞いたらスパッと解決したので、その方法を共有します!

記事にするほどの事でもないくらい簡単ですよ!

僕

…が、同じ悩みを持っていらっしゃる方の

手助けになればと思い記事にしました。

前提条件

環境はMacOSで、Xcodeがインストールされていることを前提とします。

iOSアプリ開発をしているのであれば、必然ではありますが念のため。

それでは、IPAファイルを端末にインストールしていきましょう!💪

IPAファイルとは
Apple独自のエンコード仕様の圧縮ファイルです。
Zip形式と同じで、iOSアプリケーションをひとまとまりにしたです。
Androidでは『APK』とも呼びます。

IPAファイルのインストール手順

Xcodeを起動し、メニューから「Window」 > 「Devices and Simulators」を選択します。

Devices and Simulatorまでの手順

すると、下のようなウィンドウが表示されます。

接続している端末の情報など、いろんな情報が表示されていると思います。

Devices and Simulatorのウィンドウ

ウィンドウ下部の「INSTALLED APPS」に、インストールしているアプリが表示されます。

画像では、「TimerApp」がインストールされている状況ですね。

あとはここにIPAファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

ジョージ・眉間シワ男
ジョージ・眉間シワ男

ものすごく簡単じゃないですかぁ!

僕

でしょ!?
でも意外と知らない人が多いんですよね。
(自分含む)

IPAファイルのインストール方法について補足

上記でご紹介した方法の他にも、iTunesを使った方法や、コマンドでインストールする方法などがあります。

自分に合うインストール方法を見つけてみてくださいね。

私はIPAファイルをデスクトップに一時的に置くことが多いので、今回紹介した方法を活用しています。

僕

自分に合った方法でお試しください!

次にオススメ

とある会社員
とある会社員

最初にXcodeで自動生成されるファイル、理解してますか?

ジョージ・眉間シワ男
ジョージ・眉間シワ男

あ、アレね?
あー、はい、知ってますよ(嘘)

【iOS開発入門】プロジェクト作成時に自動生成されたファイルを理解する
プロジェクト作成時に生成されたファイルたちが、どんなものなのか理解を深めていきます!
タイトルとURLをコピーしました