【Git】コミットにタグをつける方法と活用場面について

SourceTreeでのブランチ状態 IT関連

私の業務では、月に一度のリリース作業があります。

リリース
開発してきた機能を実際にユーザに提供するための公開作業です。
身近なもので言えば、GooglePlayやAppStoreでアプリ公開をすることです。

このリリース作業では、バージョン番号をタグとして付与します。

そのタグ付けについて情報共有しようと思います!

なぜタグをつけるのか

Gitには「タグ」機能があり、コミットをすぐに参照できるよう、わかりやすい目印をつけます。

もしこれが無いと、「前回のリリースは5/10だから……」と遡って探さなければなりません。

ジョージ・眉間シワ男
ジョージ・眉間シワ男

ブランチにリリース番号つければいいんじゃ無い?

ブランチですと、マージ作業があると移動してしまいます。

しかしタグはコミットに対して付与するので、固定されるため目印として役立つのです!

タグの種類

タグには2種類あります。

  • 軽量タグ
  • 目印をつける
  • 注釈付きタグ
  • 目印をつける
  • コメントをつける

タグをつける方法

今回は、SourceTreeを使用してタグを付与していきます。

以下のようなブランチの状態になっているとしましょう。

SourceTreeでのブランチ状態

masterブランチを「1.0.0」バージョンとしてタグを付けると仮定します。

ブランチのメニューを開く

ブランチを右クリックし「タグ」を選択します。

すると、以下のようなダイアログが表示されるので、バージョンを入力します。

タグ追加①

入力すると、追加ボタンが活性化するので、押しましょう!

タグ追加②

これでタグの作成は完了ですね👍

タグ付け完了の状態

タグを付けた後の注意点

実は落とし穴があり、このままでは他の人には見えない状態になっています。

僕

コミットと同じで、プッシュしないといけません!

SourceTreeであれば画面左上のプッシュボタンを押し「すべてのタグをプッシュする」にチェックを入れることで解決します!

タグをプッシュする

その際、プッシュしないブランチを選択していないか注意しましょう。

【補足】タグの仕組みについて

Gitで扱うすべてのものは、「チェックサム」で管理されています。

チェックサム
誤り検出符号の一つで、データ列を整数値の列とみなして和を求め、これをある定数で割った余り(余剰)を検査用データとするもの(e-Words引用)。
要するに、データが正しいものかチェックするための値です。
GitではSHA-1ハッシュを使用しています。

このチェックサムを使うことで、ファイル名ではなく、ハッシュ値によって管理できます。

もちろん、コミットもチェックサムです。

タグはこのチェックサムを保持することで、目印が変わらないようにしているんです!

次にオススメ

【GitHub】リポジトリの一部のディレクトリをダウンロードする方法
プロジェクト全てをクローンせず、特定のファイルのみダウンロードしたい時の方法を備忘録として書きました。

参考記事

Gitの基礎(公式)

Gitのタグについて(公式)

チェックサムについて

タイトルとURLをコピーしました