【画像で解説】GooglePlayConsole にアプリを作成(登録)する方法

GooglePlayConsoleにAndroidアプリを登録する Android開発

Androidアプリを公開するためには、「GooglePlayConsole」というサービスを利用する必要があります。

このサービスを通して、GooglePlayストアにアプリを公開することが可能です。

この記事では、GooglePlayConsoleにアプリを作成(登録)する手順をご紹介します!

前提

以下の3点を前提として手順を進めていきます。

  • GooglePlayConsole がストア公開するための管理画面であることを理解していること
  • GooglePlayConsole にログインしていること
  • GooglePlayDeveloper プログラムの登録・支払済みであること

手順

GooglePlayConsoleの「すべてのアプリ」タブを開きます。

そして画面右にある「アプリを作成」ボタンを押下します。

GooglePlayConsoleにアプリを作成①

すると、アプリを作成するための入力画面に遷移します。

GooglePlayConsoleにアプリを作成②

それでは1つずつ見ていきましょう!

  • アプリ名
    • ストア公開した際に表示されるアプリ名を入力してください。
  • デフォルトの言語
    • 日本語を選択しましょう。海外向けなら英語など必要に応じて選択してください。
  • アプリ/ゲーム
    • 通常のアプリか、ゲームなのか選択します。
    • ゲームでなければ「アプリ」を選択するくらいで良いと思います。
  • 無料/有料
    • 有料アプリかどうか選択します。
  • 申告
    • 詳細を確認し、下記の2つにチェックを入れましょう。
    • デベロッパープログラムポリシーと、米国輸出法です。

画面右下の「アプリを作成」ボタンを押下します。

GooglePlayConsoleにアプリを作成③

しばらく待つと、ダッシュボード画面に遷移します。

GooglePlayConsoleにアプリを作成④

これで、GooglePlayConsoleにアプリが登録されました!

ダッシュボード画面で下にスクロールすると、「アプリのセットアップ」という手順が書いてあります。

GooglePlayConsoleにアプリを作成⑤

この手順に沿って進めてみましょう。

次にオススメ

次は「アプリのセットアップ」で、アプリの設定をしてきます。

画像つきで手順を詳しく説明しています。次に進みましょう!💪

【画像で解説】GooglePlayConsole でアプリの情報を設定する手順を解説
GooglePlayConsoleで「アプリの情報」を設定する手順を詳しく解説しています! ユーザーが最初に目にするストアの掲載情報は特に重要です。 フィーチャーグラフィックなどについても解説しています。
タイトルとURLをコピーしました