【最新版】コンピュータの五大装置を分かりやすく解説します。

コンピュータとモルモットコンピュータの仕組み

今、このサイトを見るために使っているコンピュータ。

実は、基礎となる5つの要素が集まって成り立っています。

普段何気なく使っている コンピュータの基本構成について解説していきます。

コンピュータの基礎をざっくり理解したい方は、以下の記事でまとめているのでご覧ください!

【コレだけでOK】コンピュータの基礎と構成要素について詳しく解説
身近にある「コンピュータ」の概要について解説しています。 スマホやパソコン以外のコンピュータ、思いつきますか? 意外と知らない使われ方もご紹介しています!

コンピュータの五大装置とは

コンピュータは、大きく分けて五つの機能を持っています。

それらの機能は以下の装置から構成されています。

五大装置の種類

  • 入力装置
  • 出力装置
  • 記憶装置
  • 制御装置
  • 演算装置

一つ一つ見ていきましょう!

入力装置

コンピュータの外部から内部にデータを送り込む装置のことです。

キーボード、マウスなどが一般的です。

これがないと、文字を打つことも操作することもできません。

キーボードやマウス以外にも多くの入力装置があります。

  • トラックパッド
  • タッチパネル
  • スキャナー
  • バーコードリーダー
  • 音声マイク
  • Webカメラ

実は、これらどの機器も入力装置なんです!

出力装置

コンピュータの内部から外部にデータを出す装置のことです。

ディスプレイ、プリンターなどが一般的です。

これがないと、入力しても何を操作したのか分かりません。

記憶装置

コンピュータ内部にデータを保存するための装置です。

主記憶装置、CD、DVD、USBメモリなどが挙げられます。

これがないと、毎回データを作成し直さなければなりません。

記憶装置であるメモリについては、以下の記事をご覧ください。

【図解あり】主記憶装置と補助記憶装置の仕組みと種類について
コンピュータには「主記憶装置」と「補助記憶装置」がありますが、その2つの違いは分かりますか。 意外と説明が難しい主記憶装置と補助記憶装置について図解を交えて解説しています!

演算装置

コンピュータ内部でデータの計算や変換を行います。

後述の制御装置と同じ「CPU」で行います。

制御装置

記憶装置にある命令を読み込み、演算装置や各周辺装置の制御を行います。

先述の演算装置と同じ「CPU」で行います。

CPUについては、以下の記事をご覧ください。

【図解あり】CPUとは何ですか?特徴と中身の仕組みについて解説!
コンピュータの頭脳の役割を持つCPU。このCPUの役割や仕組みについて理解すれば、プログラミングのエラー時の対策にも役立ちますよ! 是非この機会に、他の人より理解を深めておきましょう。

データと制御の流れ

文字だけ見てもイメージしにくいと思います。

実際に図で解説します。

  1. 入力装置から入力されたデータを、記憶装置に保存する
  2. 制御装置が、記憶装置に保存されたデータや命令を読み込む
  3. 制御装置は、命令に基づき他の装置を制御する
  4. 演算装置は、記憶装置からデータを読み込み、演算し、結果を記憶装置へ返す
  5. 出力装置は、記憶装置から読み出したデータを表示する

data-flow

例えば、あなたが、マウスカーソルを動かしたとしましょう。

  1. 入力装置(マウス)から入力されたデータ(左上に3cm)と命令(マウスカーソルの移動)を記憶装置に保存する
  2. 制御装置がデータ(左上に3cm)と命令(マウスカーソルの移動)を読み込む
  3. 制御装置は他の装置を制御する
  4. まず演算装置は記憶装置からデータと命令を読み込む。マウスカーソルが左上に3cmだった場合、画面のどの位置に表示すれば良いのか計算をする。そして記憶装置に処理結果を格納する。
  5. 出力装置は、記憶装置から読み込んだ演算結果を元に、ディスプレイ上にマウスカーソルを表示させる

この処理は、マウスカーソルの移動時に瞬時にミリ秒単位でず〜っと行われています。

コンピュータは人間と同じように考えると覚えやすい

入力があって、計算して結果を出力する……。

なんだか人間と似ていませんか?

「100+100は?」という音声の入力があって、脳で計算をして、口から声で「200!」と出力する。

人間の五感覚が入力装置だと捉えると、理解しやすいかもしれません。

まとめ

コンピュータの五大装置について解説しました。

  • 入力装置
  • 出力装置
  • 記憶装置
  • 演算装置
  • 制御装置

今回たくさん記載しましたが、完璧に理解しようとせず「こういうものがあるんだ」程度の理解で問題ないです。

まずは全体像を理解し、自分に必要な知識を蓄えていきましょう💪

タイトルとURLをコピーしました