【初心者向け】ミドルウェアの役割と種類について分かりやすく解説してみた

ミドルウェアのイメージ画像ソフトウェア

Webシステムやサーバを構築する際、「ミドルウェア」というものが必要です。

ソフトウェアの1つではありますが、通常のものとは異なり、一般的にシステムを利用する私たちからすれば意識することは殆どありません。

少しとっつきにくいかもしれませんが、是非この機会に学んでみましょう。

処理の階層構造を理解しよう

ミドルウェアの説明に入る前に、それぞれのソフトウェアがどういった機能を担っているのか理解しましょう。

以下の図にある通り、下から順にソフトウェアが並んでいます。

  • アプリケーションソフトウェア
  • ミドルウェア
  • OS

ソフトウェアの構造の図解

OSのざっくり用途

最下部に位置するOSは、コンピュータ本体である「ハードウェア」と、その上にある「ソフトウェア」との疎通を行うためのソフトウェアです。

したがって、汎用的(特定の用途に特化せず、様々な用途で使われる)ソフトウェアとも呼べます。

【詳細版】OSとは何? OSの機能と役割6つを解説
OSの機能を知ることで、役割を理解することができます。多様なOSの種類についても分類してご紹介しています! 他のITエンジニアと差をつけましょう。

アプリケーションソフトウェアのざっくり用途

次にアプリケーションソフトウェアは、ChromeのようなWebブラウザであったり、TwitterのようなWebアプリケーションなどのようなものを指します。

特定の機能(Webのブラウジング、SNSなど)に特化しているソフトウェアと呼べますね。

【初心者向け】アプリケーションソフトウェアの定義から種類の違いを解説してみた
アプリケーションソフトウェアの定義、そして一般的に呼ばれる「アプリ」との違い、具体例など詳しく解説しています。

ミドルウェアのざっくり用途

最後に、中間にあるミドルウェアは、「汎用的でもなく、かと言って特化しているわけでもない」という位置付けにあります。

一旦、このような位置付けにあることをご理解いただき、次の詳細な説明をご覧ください。

ミドルウェアとは

ミドルウェアは、「ミドル(中間)」と言葉にある通り、OSとアプリケーションソフトウェアの中間に位置します。

OSの機能を利用し、アプリケーションソフトウェアで使用する共通の機能を提供しています。

ミドルウェアが登場したイメージ

OS単体では、汎用的な機能しか提供できないため、使い物になりません。

じゃあアプリケーションソフトウェアを載せて特化したものを使おう!

…としても特化しすぎて、様々なアプリケーションを作成する必要が出てきます。

そこで(明確に位置付けられたわけではないですが)ミドルウェアが登場したというわけです。

厳密には異なるので、ググってみてください。Wikipediaとか詳しく書いてあります。

ミドルウェアが提供する機能

ミドルウェアが提供する機能には以下のようなものがあります。

  • データベース管理システム
    • データベースを管理したり、利用するためのミドルウェア
    • MySQL、PostgreSQL、SQLiteなど
  • 通信管理システム
    • コンピュータ間で通信を行えるようにするためのミドルウェア
    • Apache、Nginxなど
  • ソフトウェア開発支援ツール
    • ソフトウェアを開発する際に効率を上げるツール
    • 各企業から提供されている場合が多いです。以下は日立の例です。
    • https://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/products/list_a.html

もっと深く詳細に知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

ミドルウェア(Web、AP、DB)について知ろう
はじめに みなさん、こんにちは。第5回の今回はミドルウェア(Web、AP、DB)について詳しく解説していきます。ミドルウェアは、普段パソコンを使用している時には全く意識しない部分ですが、インフラエンジニアにとっては絶対に避けて通れない存在です。 本連載では、これまでサーバ、ネットワーク、仮想化・クラウドと解説してきまし...
タイトルとURLをコピーしました