【4つだけ】Webシステムの利用形態の種類をまとめてみた

Webシステムを開発する男性コンピュータの形態

世の中に溢れている様々なシステム。

Web上で動作するものもあれば、手元のスマホで動作するものも、ネットワークにつながらず個体だけで動作するシステムもありますね。

そんな様々なシステムを今回はWebシステムに絞ってご紹介します。

Webシステムの利用形態の種類

様々なシステムが世の中にはありますが、大きく4つに分けられます。

  • クライアントサーバシステム
  • 対話型処理
  • リアルタイム処理
  • バッチ処理

クライアントサーバシステム

一般的なシステムの形態です。

サービスを要求する「クライアント」と、サービスを提供する「サーバ」で構成された形態です。

クライアントとサーバで処理を分担することで、システムの負荷を軽減し、処理効率を向上させることが可能です。

クライアントサーバシステムの図解

サーバには、提供するサービスによって、プリントサーバ、データベースサーバ、メールサーバ、ファイルサーバ、Webサーバなど様々です。

インストールするミドルウェアによって異なります。

【初心者向け】ミドルウェアの役割と種類について分かりやすく解説してみた
OSの汎用的な機能を使い、アプリケーションの機能の手助けをするミドルウェア。 このミドルウェアの役割について、図解を交えて詳しく解説しています! 具体的な製品などの例も挙げて説明しています。

対話型処理

コンピュータとユーザが対話していくように、交互に処理を実行しながら進めていきます。

ユーザはディスプレイを通じて、コンピュータから要求された操作を返し、コンピュータと相互に処理を実行します。

  • 具体例
    • 会員登録など
  • 技術
    • PHP
    • Perl

少し昔の話になりますが、auのガラケーに入っていた「しゃべって コンシェルジュ」の羊の執事君が有名ですね。

リアルタイム処理

データの入力が行われた時点で、すぐに処理を実行する形態です。

  • 具体例
    • 航空機の座席予約システムなど
  • 技術
    • Ajax(ポーリング、ロングポーリング)
    • Server Sent Event
    • Web Socket

バッチ処理

ユーザが 10,000人居る、通販アプリケーションを運用していたとします。

そのユーザは、週に1回買い物をするとします。

すると単純計算で、月に 40,000回の決済が行われることになります。

その 40,000回の決済、月末に売り上げ集計を出すのは人の力では難しいです。

そこでデータをある一定期間貯めておき、一括で処理したりする形態を利用します。

これを「バッチ処理」と呼びます。

  • 具体例
    • 月末の売り上げ集計処理
    • 会員登録から半年経ったユーザに対してクーポンを発行→送信する
  • 技術
    • cron
      • UNIX系OSに搭載されているデーモンプロセス(裏でずっと動いているプログラム)を使用して、定期実行するのが一般的です。
      • この cron が、指定された日時にPHPなどのファイルを実行します。

まとめ

基本的には4つの利用形態があることがわかりましたね。

  • クライアントサーバシステム
  • 対話型処理
  • リアルタイム処理
  • バッチ処理

基本的にはこれらが大きな利用形態の分類となります。

これだけ押さえておけば問題ないでしょう!

タイトルとURLをコピーしました